聖フィル第20回定期演奏会を聴きに来てくださった皆さま、どうもありがとうございました。福川伸陽先生のホルン協奏曲のソロ、素晴らしかったですね。ホルンは難しい楽器の代名詞のはずなのに、彼があまりにも安々と演奏するので、まるでホルンじゃないみたいでした。

《巨人》の最後で立ち上がったホルン奏者(マーラーの指示)の中に先生がいらっしゃるのを見て、皆さま驚かれたことでしょう。ご一緒に演奏できたのは、得難い経験でした。聖フィル♡コラム時代から続くアンコール・シリーズ、今回は福川先生が無伴奏でダイジェスト版を演奏された、リヒャルト・シュトラウスの《ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら》について。

この長いタイトルの作品は、リヒャルトが7曲作った交響詩のうちの4作目。14世紀初めに農民の息子として北ドイツのブラウンシュバイクに生まれ、1350年にリューベック南のメルンで亡くなったと伝えられるティルの、様々ないたずらが音楽で描かれます1

ゆっくりした冒頭のメロディーは、昔話を始める決まり文句「むかしむかしあるところに」。続くホルンの加速するソロは「いたずら好きな道化がおりまして、その名をティル・オイレンシュピーゲルと申します」という口上。その後のクラリネットの転がるようなソロはティルの2つ目の主題で、「それはとびきりのいたずら者でありました」というような意味。

リヒャルトは、ペストで死んだと伝えられるティルの最期を変更。逮捕され、不敬罪で絞首刑になったティルの息が体から抜け、最後に痙攣が走る様子を描きます。エピローグで戻る冒頭の音楽は、「おしまい」の意味。同じ音楽で「むかしむかし」と「おしまい」を表す手法は、メンデルスゾーンの《夏の夜の夢》序曲や、リムスキー=コルサコフの交響組曲《シェエラザード》などでも使われています。

リヒャルトは初め、ティルでオペラを作るつもりでした。「意地悪で偏屈な街のお偉方をやりこめる」「危険を顧みず不正を暴く果敢な男」が主人公2。タイトルは『まぬけのティル・オイレンシュピーゲル Till Eulenspiegel bei den Schildbürgern』。しかし、この一幕もののオペラの台本まで用意してから、計画を破棄。管弦楽だけで表現することに。

オイレンシュピーゲルのオイレンは、ドイツ語で知を象徴する「ふくろう」の意味。一方のシュピーゲルは「鏡」。おそらく「化身を体言する鏡」を意味するのでしょう3。1894年から翌年にかけての冬(30歳)に作曲、95年5月6日ミュンヘンで完成、同年11月5日にケルンで初演されました。

4管編成の華やかで楽しい音楽の大筋をホルン1つで演奏するなど、想像もしませんでした。重音奏法も使いながら(管楽器で複数の音を同時に出せるなんて、不思議ですね。私もCDでは聞いたことがありますが、生は初めてでした)、あざやかに吹いてくださった福川先生。ありがとうございました! とてもゴージャスで、この曲実はオーケストラ不要だった、などと考えてしまいました。

お断り:しばらくの間、オケ奏者のコラム更新は月1回程度にさせていただきます。

  1. ノーマン・デル・マー『リヒャルト・シュトラウス:交響詩《ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら》作品28、ミニチュア・スコア解説』、全音楽譜出版社、2006年、iiiページ。
  2. 上掲書、ivページ。
  3. 上掲書、iiiページ。

4月の聖フィル第20回記念演奏会で取り上げる、マーラーの交響曲第1番《巨人》((169) 交響曲と歌曲:マーラーの《巨人》(170) マーラーの交響曲と実用音楽も参照)。みなさま、どのような「巨人」をイメージしておられるでしょうか。

このタイトルは、マーラーが1893年ハンブルクで指揮した第2稿に、ジャン・パウルの著作『巨人』にちなんで加えたもの。最初にブタペストで指揮(1889年)したときは、ただの「2部から成る交響詩」でした。この初演が成功しなかったので、「交響曲形式による音詩(注:交響詩のこと)《巨人》」に改訂。この第2稿も成功しなかったので、1896年にベルリンで指揮するとき第2楽章を削除して交響曲に仕立て直し、《巨人》を含め全ての標題を削除しました。

西洋音楽史の講義で、このような複雑な成立史を説明するのですが、ジャン・パウルがどのような人で、『巨人』がどのような小説なのか、知りませんでした。《ニーベルンクの指輪》のファーゾルトやファーフナーのような、文字通りの巨人? それとも何かの比喩?? ドイツ人なのにどうしてジャン???

ジャン・パウルはペン・ネームで、本名はヨーハン・パウル・フリードリッヒ・リヒター(Johann Paul Friedrich Richter 1763〜1825)。ドイツの中でも最も後進的だったバイロイト侯国の小村ウンジーデル生まれ1。オルガニスト兼教師、牧師の父が79年に亡くなり、家庭は困窮。81年にライプツィヒ大学神学部に入学しますが、すぐに読書と創作に没頭。文壇的には不成功で、家庭教師などで収入を得ます。

93年、ジャン=ジャック・ルソーに敬意を表したペン・ネーム、ジャン・パウルを使って長篇小説『見えないロッジ』を出版。『ヘスペルス』や『フィクスライン』で成功を収めながら『巨人』を書き続けます。完成に10年かけ、4巻本として1800〜03年に出版。パウルは構想の段階からこの作品を、自分の「マンモス=巨人」「枢要にして随一の大長篇小説」とみなしています。

図1:ジャン・パウル『巨人 I』1971

日本では、古見日嘉の訳で1971年に出版されました(現代思潮社、古典文庫44)。第1巻表紙には右下に黒いインクで:

牧歌的私服への憧憬と、虚偽と虚栄とを憎む批判精神、ローマン的な空想の昂揚と現実的思慮分別、これら矛盾を最大の振幅をもってくりひろげつつ、世界を一冊の本に置換せんとした厖大な《物語》。

左下には赤茶のインクで:

バロック精神の息吹に充ち、ドイツ古典主義とローマン派との橋わたしを演じつつも、偏愛か黙殺かという極端な運命に弄ばれてきた、J・パウルの代表作を、パウル研究の第一人者による多年の成果を得て、ここに初めて完訳する。

物語冒頭は:

とある美しい春の宵に、若い、スペインの伯爵セサラは、ショッペとディーアンとを従えて、翌朝、マジョーレ湖中のボロメオ諸島の1つ、イソラ・ベラ(美島)へと渡航するために、セストへやってきた。誇らかに、花と咲くこの青年は、今回の旅行によって燃えあがり、次の朝のことを考えては、ほてっていた。この朝こそ、彼は、その島を、春の、飾り立てられた、この玉座を見るはずであり、また、二十年間、彼に約束されていた、ある人に、この島で会うことになっているのだ2

このスペインの若い伯爵アルバーノ・ド・セサラが主人公。文章自体は特に難しくないのですが、アルバーノの成長物語が延々延々と続いて、なんだか要領を得ません。1997年に出版された新装版の巻末にわかりやすい解説があるという情報を見つけて、図書館に直行(注1参照)。図1の3巻本が1冊になった新装版は、B5版厚さ5cm以上の巨本!! 表紙左下の惹句は:

図2:ジャン・パウル『巨人』1997

萌え輝く色彩と至深のひびきを持つ交響曲的小説により、〈散文〉の可能性を追求した夢の巨匠、ジャン・パウルの畢生の大著の完訳

交響曲的小説??を追求するのは置いて、さっそく巻末の「解題」を見ると。「最初に読者の便をおもんばかって『巨人』の梗概を記しておく」。感謝!!! ファーゾルトやファーフナーのような巨人は出てきませんから、巨人のお話ではありません。でも、700ページを超える大長篇で、しかも物語は錯綜して情報量がむやみと多い。そこが、マーラーの交響曲第1番と共通していると言えるかもしれません。

当時のウィーンの聴衆たちにはこの曲の響きは斬新すぎて、「騒音」でした。ウィーン初演の際、ハンスリックは「私たちのうちどちらかは気が狂っている。そしてそれは私でそうはない」と批評したそうです3

  1. 以下の情報は、ジャン・パウル『巨人』 古見日嘉訳、国書刊行会、1997年(新装版)の巻末に収められた岩田行一の「『巨人』解題」750−774による。
  2. ジャン・パウル『巨人 I』古見日嘉訳、現代思潮社、1971年、11ページ。
  3. 渡辺裕「交響曲第1番」『ブルックナー/マーラー事典』東京書籍、1998、300。