4月の第20回定期演奏会のプログラムは、リヒャルト・シュトラウスのホルン協奏曲とグスタフ・マーラーの交響曲。ふたりとも聖フィルで初めて取り上げる作曲家で、両方とも難曲。意外な転調など、先を予想しにくいのです。調性があいまいになった「世紀末」に活躍した作曲家ならではです。

このふたり、同年代。マーラーは1860年、リヒャルト・シュトラウス(以下リヒャルト。シュトラウスと書くと、ウィンナ・ワルツのヨハン・シュトラウス父子をイメージすると思うので)は1864年生まれ。また、ふたりともドイツ語圏の生まれ(マーラーはオーストリア、リヒャルトはドイツ)です。

そして、ふたりとも指揮者、特にオペラの指揮者として活躍しました。指揮者にとって世界1のポジションとも言えるウィーン国立歌劇場の指揮者を、マーラーは1897年から1907年まで(この時代はまだウィーン宮廷歌劇場でしたが)、リヒャルトは1919年から24年まで務めています。

生年は近いのですが、没年はかなり違います。マーラーは敗血症のため、1911年に働き盛りの50歳で亡くなりました。一方、リヒャルトが心不全で死去したのは1949年。85歳でした。マーラーの死後リヒャルトが生きた35年間は、2つの世界大戦により、世界が大きく揺れ動いた時期です。

マーラーは、両親ともにユダヤ人でした。1897年にローマ・カトリックに改宗しますが、ユダヤの出自は彼の人生に(死後も)大きな影響を与えます。一方のリヒャルトは、一人息子フランツの結婚相手アリスがユダヤ人(これも、リヒャルトの人生に影響を与えます)ですが、本人はドイツ人です。

作曲家としての活動内容も異なります。マーラーは主に交響曲とオーケストラ伴奏付き歌曲を作曲。オペラをいくつか手がけたものの、いずれも完成しませんでした。一方のリヒャルトは、1900年までは主に交響詩、それ以降はオペラを多数作曲。アルプス交響曲などの交響曲や、2つのホルン協奏曲のようなコンチェルトなどもあります。

リヒャルトは、18歳で作曲した《13管楽器のためのセレナード作品7》がハンス・フォン・ビューローに高く評価されました。その後も(交響詩《マクベス》のような例外もありますが)、ほぼ順調。一方マーラーは、交響曲8番の初演(1910年)がようやく大成功しましたが、それまでの7つの交響曲は(様々な版で初演されたものの)成功とは言えませんでした(期待はずれ、あるいは「聴衆を当惑させた」など)。

互いに知り合いで、行き来もあったマーラーとリヒャルト・シュトラウス。前者はその出自と早すぎた死も影響し、音楽が理解され演奏されるようになるまでに長い時間を要します。後者はナチスとの関係や遅すぎた(!?!)死などにより、晩年の作品は時代遅れとみなされました。

19世紀末の爛熟した文化の面影を残すふたりの巨匠の、交響曲第1番(第3稿1896年)と、懐古的なホルン協奏曲第2番(1842年)。今回の聖フィルのプログラム、音楽史的に深〜いプログラムになっています。

4月の聖フィル第20回記念演奏会で取り上げる、マーラーの交響曲第1番《巨人》((169) 交響曲と歌曲:マーラーの《巨人》(170) マーラーの交響曲と実用音楽も参照)。みなさま、どのような「巨人」をイメージしておられるでしょうか。

このタイトルは、マーラーが1893年ハンブルクで指揮した第2稿に、ジャン・パウルの著作『巨人』にちなんで加えたもの。最初にブタペストで指揮(1889年)したときは、ただの「2部から成る交響詩」でした。この初演が成功しなかったので、「交響曲形式による音詩(注:交響詩のこと)《巨人》」に改訂。この第2稿も成功しなかったので、1896年にベルリンで指揮するとき第2楽章を削除して交響曲に仕立て直し、《巨人》を含め全ての標題を削除しました。

西洋音楽史の講義で、このような複雑な成立史を説明するのですが、ジャン・パウルがどのような人で、『巨人』がどのような小説なのか、知りませんでした。《ニーベルンクの指輪》のファーゾルトやファーフナーのような、文字通りの巨人? それとも何かの比喩?? ドイツ人なのにどうしてジャン???

ジャン・パウルはペン・ネームで、本名はヨーハン・パウル・フリードリッヒ・リヒター(Johann Paul Friedrich Richter 1763〜1825)。ドイツの中でも最も後進的だったバイロイト侯国の小村ウンジーデル生まれ1。オルガニスト兼教師、牧師の父が79年に亡くなり、家庭は困窮。81年にライプツィヒ大学神学部に入学しますが、すぐに読書と創作に没頭。文壇的には不成功で、家庭教師などで収入を得ます。

93年、ジャン=ジャック・ルソーに敬意を表したペン・ネーム、ジャン・パウルを使って長篇小説『見えないロッジ』を出版。『ヘスペルス』や『フィクスライン』で成功を収めながら『巨人』を書き続けます。完成に10年かけ、4巻本として1800〜03年に出版。パウルは構想の段階からこの作品を、自分の「マンモス=巨人」「枢要にして随一の大長篇小説」とみなしています。

図1:ジャン・パウル『巨人 I』1971

日本では、古見日嘉の訳で1971年に出版されました(現代思潮社、古典文庫44)。第1巻表紙には右下に黒いインクで:

牧歌的私服への憧憬と、虚偽と虚栄とを憎む批判精神、ローマン的な空想の昂揚と現実的思慮分別、これら矛盾を最大の振幅をもってくりひろげつつ、世界を一冊の本に置換せんとした厖大な《物語》。

左下には赤茶のインクで:

バロック精神の息吹に充ち、ドイツ古典主義とローマン派との橋わたしを演じつつも、偏愛か黙殺かという極端な運命に弄ばれてきた、J・パウルの代表作を、パウル研究の第一人者による多年の成果を得て、ここに初めて完訳する。

物語冒頭は:

とある美しい春の宵に、若い、スペインの伯爵セサラは、ショッペとディーアンとを従えて、翌朝、マジョーレ湖中のボロメオ諸島の1つ、イソラ・ベラ(美島)へと渡航するために、セストへやってきた。誇らかに、花と咲くこの青年は、今回の旅行によって燃えあがり、次の朝のことを考えては、ほてっていた。この朝こそ、彼は、その島を、春の、飾り立てられた、この玉座を見るはずであり、また、二十年間、彼に約束されていた、ある人に、この島で会うことになっているのだ2

このスペインの若い伯爵アルバーノ・ド・セサラが主人公。文章自体は特に難しくないのですが、アルバーノの成長物語が延々延々と続いて、なんだか要領を得ません。1997年に出版された新装版の巻末にわかりやすい解説があるという情報を見つけて、図書館に直行(注1参照)。図1の3巻本が1冊になった新装版は、B5版厚さ5cm以上の巨本!! 表紙左下の惹句は:

図2:ジャン・パウル『巨人』1997

萌え輝く色彩と至深のひびきを持つ交響曲的小説により、〈散文〉の可能性を追求した夢の巨匠、ジャン・パウルの畢生の大著の完訳

交響曲的小説??を追求するのは置いて、さっそく巻末の「解題」を見ると。「最初に読者の便をおもんばかって『巨人』の梗概を記しておく」。感謝!!! ファーゾルトやファーフナーのような巨人は出てきませんから、巨人のお話ではありません。でも、700ページを超える大長篇で、しかも物語は錯綜して情報量がむやみと多い。そこが、マーラーの交響曲第1番と共通していると言えるかもしれません。

当時のウィーンの聴衆たちにはこの曲の響きは斬新すぎて、「騒音」でした。ウィーン初演の際、ハンスリックは「私たちのうちどちらかは気が狂っている。そしてそれは私でそうはない」と批評したそうです3

  1. 以下の情報は、ジャン・パウル『巨人』 古見日嘉訳、国書刊行会、1997年(新装版)の巻末に収められた岩田行一の「『巨人』解題」750−774による。
  2. ジャン・パウル『巨人 I』古見日嘉訳、現代思潮社、1971年、11ページ。
  3. 渡辺裕「交響曲第1番」『ブルックナー/マーラー事典』東京書籍、1998、300。

古典派で確立された交響曲の形式を、そのまま使うのはダサい!!! これが、ベートーヴェン以降の作曲家の共通認識。シューマンも交響曲第3番《ライン》で、5楽章構成にしたり、挿入された余計な楽章である第4楽章のモティーフを終楽章で利用する、循環形式を取り入れたりしています((154) ラインと循環形式参照)。そして、第4番では楽章間の切れ目を全て無くして全楽章をひとつながりに([7] 音楽が途切れない交響曲参照)。ベートーヴェンも試みなかった、単一楽章交響曲。

第4番にも循環形式を取り入れました。第1楽章の序奏部の主題(f-e-d-cis-d-e)が、第2楽章でそのまま戻ってきます。それだけではありません。この主題に装飾を加えて、3連符が細かく上下する旋律に変形。第2楽章後半でヴァイオリンにソロさせています。さらに、その装飾変形を第3楽章のトリオで再登場させました。おしゃれな循環の仕方です1。でも、第4楽章にはこの序奏主題とその変形は登場しません。

シューマンの工夫は、第1楽章のソナタ形式にも見られます。ソナタ形式も古典派が完成させたもの。そのまま使うのはダサいのです。第2主題は規則通り長調に転調して提示されます((88) ソナタ形式の変遷参照)が、第1主題と全く同じ。単一主題ソナタ形式です((189) 第1主題=第2主題 !? のソナタ形式参照)。

この第1主題の1小節目(d-f-d-f-e-d-cis-d)を中心に使いながら、展開部が進みます。突然、第2主題にうってつけの旋律がドルチェで登場(いまさら何?)。そのまま展開が続き、どんどん盛り上がって……あれれ、第1楽章が終わってしまいました。再現部が省略されています。提示部も展開部も第1主題だらけ。もう繰り返す必要は無いからでしょうね。再現部を欠くソナタ形式なら、新鮮。ダサくありません。

その第1主題第1小節(d-f-d-f-e-d-cis-d)が、第4楽章序奏部に再登場。そして、第4楽章の第1主題にも使われます。第3楽章まで循環した序奏主題が第4楽章に登場しないのは、こちらの循環だけで十分だからでしょう。第4楽章では型どおりに第2主題が提示され、再現部では第1主題の再現が省略されます。もう繰り返す必要は無いからでしょうね(という文が繰り返しですが)。

第1楽章の第1主題=第4楽章の第1主題。同じなのは1小節分ですが、最初の小節は主題の顔。最も大切です。これで、シューマンが途切れない交響曲にした理由がわかりましたね。単一楽章のこの交響曲において、第4楽章は第1楽章に欠けていた再現部の役割も果たしているのです。シューマンすごい!!! 独創的!!! でもやはり、(再現部の省略で交響曲としては長くないものの)楽章間の休みは入れて欲しかったなぁ。

  1. d-e-f-g-f-e のスケルツォ主題は、序奏部の主題 f-e-d-cis-d-e の反行型とも考えられます。

今回、聖フィルが取り上げるシューマンの交響曲第4番ニ短調は、演奏する団員にも聴いていただく方々にも、ちょっとした覚悟を要求します。途中に休みが無いからです。全体で30分ほどと交響曲としては短いのですが、音楽がずーっと止まりません。珍しい、単一楽章の交響曲のひとつです。

成熟した交響曲は、急−緩−スケルツオ−急の4楽章構成。シューマンももちろんこの型を遵守し、楽章の境目は明らか。ただ、1841年の時点([1] 「変」な人、シューマン参照)で、第3・第4楽章を続けて作曲。ベートーヴェンの《運命》に倣ったのですね((13) 《運命》「掟破り」のベートーヴェン参照。前回の定演で取り上げた《田園》でベートーヴェンは、さらに大胆に、第3・第4・第5楽章を続けました)。

10年後の1851年、しまい込んでいたニ短調交響曲を改訂する際、シューマンは最初から最後までひと続きにします。第1楽章と第2楽章の終わりを示す終止線(細い線と太い線のセット)は、2本の細い線(ダブルバー。日本語では複縦線)に変えられています。ダブルバーも楽曲の区切りのひとつですが、そこで音楽は終わりません。単一楽章の交響曲なんて、あのベートーヴェンもやらなかった「掟破り」!!

実は、協奏曲には単一楽章の前例があります。よく知られた、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲(《メンコン》)です。1844年に作られ、翌年ライプツィヒで初演。メンデルスゾーンは、シューマンが交響曲第1番でもお世話になった音楽仲間([1] 参照)。この時期ドレスデンで仕事していましたが、定型から大きく外れた《メンコン》の評判はシューマンの耳にも入ったはず。これに影響された??

ただ、単一楽章の目的は大きく異なります。《メンコン》の場合、楽章間の拍手を防ぐためだったと考えられるからです。当時は、曲全体が終わらなくても、その楽章が良ければ拍手していました。コンチェルトの第1楽章は、思わず拍手したくなるような華やかな終わり方が一般的。でも、拍手によって音楽が途切れると、曲の雰囲気や全体のバランスが崩れてしまいます。だからメンデルスゾーンは第1楽章の最後にファゴットを残し、緩徐楽章の最後にもダブルバーを書いて、フィナーレへそのまま進むようにしました。

シューマンが第4番交響曲を単一楽章にしたのは、拍手を入れないためではありません。彼は、この曲の革新的な構造を活かすために、途切れない形にしたのでしょう(これについては [8] 参照)。同じ単一楽章でも、意味は異なります。

いずれにせよこの曲では、楽章が終わるたびになぜか決まってあちこちで始まる咳払いを、聞かなくても済むのは確か。奏者にとっては、楽章間でつば抜きしたり、調弦したり、汗を拭いたり、気持ちを入れ直したりできない、演奏しづらい曲。そして、何よりも困るのは譜めくり。演奏の途中で(ときにはすご〜く静かなところで)ページをめくらなければならないのです。シューマンの革新性には敬意を表しますが、4つの独立した部分から成る「普通」の交響曲の良さを、しみじみ感じる今日この頃です。

5月に聖フィルの弦分奏をご指導いただいたときに對馬哲男先生が言っておられたように、シューマンはかなり変わった人でした。彼の交響曲(このうち、第4番ニ短調を次回9月の聖フィル定演で取り上げます)の作曲経緯からも「変」なところが伺えます。

シューマンは特定のジャンルの作品を固めて作曲しました。最初ピアニストを目指したので、作品23までの出版作品はすべてピアノ独奏曲。ピアノの恩師ヴィーク自慢の娘、クララとの結婚が叶った1840年は、120曲以上の歌曲が生まれた「歌の年」。翌1841年に入っても歌曲の作曲が続きますが、1月23日以降「オーケストラの年」に1

アドルフ・ベットガー(1815〜70)の「春の詩 Frühlingsgedicht」最終行「谷間には春が燃え立っている」にインスピレーションを得て、交響曲《春》のスケッチ開始。翌24日にアダージョ(第2楽章)とスケルツォ(第3楽章)が完成、25日に最終楽章に取り組みます。

日記を兼ねた「家計簿」に「交響曲への燃える思い、眠れぬ夜」と書き込んでいるように、おそらくほとんど寝ないで作曲を続けたのでしょう。26日には「万歳! 交響曲が完成した!」の記述。ピアノ譜の形のスケッチとはいえ、交響曲全体を4日で仕上げるなんて有り得ない!! シューマンってやっぱり「変」!!

オーケストレーションは2月21日に完成し、3月6日には友人メンデルスゾーンの意見を聞きに行きます(何しろシューマン、オーケストラ曲は初めてですから)。そして同月31日に、そのメンデルスゾーンが指揮する、ゲヴァントハウス管弦楽団により初演。大成功を収めました。彼が保管していた初版譜に添えられた記録によると、59回も演奏されたそうです2

「オーケストラの年」は続きます。4月12日に次のオーケストラ作品(《序曲、スケルツォとフィナーレ》作品52の原形)、5月20日にピアノとオーケストラのための《幻想曲》イ短調を作曲(後に、ピアノ協奏曲作品54の第1楽章に)。5月29日にはニ短調交響曲にとりかかり、6月末にスケッチ終了。9月には別のハ短調交響曲にも取り組みますが、結局これは未完に3。10月4日にニ短調交響曲の推敲を終え、12月6日にゲヴァントハウス管弦楽団により初演。でも残念ながら受けは良くありませんでした。この曲はお蔵入りに。

しまい込んでいた旧作を思い出した(??)のは、ちょうど10年後の1851年。12月12日から19日まで改訂し(第1楽章冒頭のアウフタクトも、変更のひとつです)、53年12月30日にシューマン自身の指揮で初演、同年出版されました。ただ、45年12月にスケッチを始めたハ長調交響曲が第2番、デュッセルドルフ市の音楽監督になった1850年に作られた交響曲《ライン》(聖フィル♥コラム (154) ラインと循環形式 (1)(155) 同 (2) 参照)が第3番としてすでに出版されていましたから、2番目に作曲されたニ短調交響曲は第4番に。

ちなみに1840年「歌の年」、41年「オーケストラの年」の続きは? 1842年は「室内楽の年」(ピアノ5重奏曲など)、43年は「オラトリオの年」(《楽園とペーリ》)、44〜45年は対位法を研究した「フーガの年」です。シューマンって、やっぱり「変」ですね。

  1.  2人の「家計簿Haushaltbuch」の記録によると、1月2日から21日までハ長調の交響曲に取り組んでいましたが、この曲に関しては研究者の意見が一致していません。藤本一子『シューマン』音楽之友社、2008、72ページ。
  2. 前掲書、170ページ。
  3. 第3楽章が、後にピアノ曲作品99に流用されました。