遅ればせながら、明けましておめでとうございます。2019年がみなさまにとって良い年となりますように。今年もオケ部屋をよろしくお願いいたします。

[12] 実は結構良い人だったサリエリに続くモーツァルトをめぐる人々シリーズ第2弾は、ミヒャエル・ハイドン(1737〜1806)。古典派3巨頭のひとり、ヨーゼフ・ハイドン(1732〜1809)の5歳下の弟。ザルツブルク宮廷音楽家で、ヴォルフガンク・アマデウス・モーツァルト(1756〜1791)やその父レオポルト(1719〜1787)の同僚でした。様々なジャンルで多くの作品を残し、特に宗教音楽は高く評価されます。

ヨーゼフと同様ミヒャエルも、現在のオーストリアとハンガリーの国境に近い、ローラウに生まれました1。父は車大工。馬車や荷車の車輪を作ったり修理したりする職人です。職業が世襲の時代に、楽譜が読めない両親から音楽史に名を残す作曲家が2人も生まれるなんて、すごいことです。

8歳のとき、兄に次いでウィーンの聖シュテファン大聖堂の聖歌隊学校に入学。12歳までには、大聖堂で代理オルガニストも務めるように。1753年ころ声変わりして聖歌隊学校をやめ、その後はイエズス会の神学校に所属していたようです。

彼の死者小伝(1808)によると、1757年ころウィーンを離れ、現ルーマニアのグロースヴァルダイン司教の楽長に。作品の筆写譜がオーストリア東部地域にたくさん残されており、1750&60年代にはかなり名前が知られていたのでしょう。ザルツブルク大司教シュラッテンバッハの目に留まり、1762年に大司教宮廷楽団のコンサートマスターに任命されます。オルガンを弾くことも、職務に含まれていました。

シュラッテンバッハ大司教の死に際して、レクイエムを作曲。1777年には、聖三位一体教会のオルガニストになります(息子ヴォルフガンクがその職に就けなかったことに腹を立て、レオポルトはそれまで賞賛していたミヒャエルを、大酒飲みで怠惰でありがちだと描写しました)。ヴォルフガンクが1781年にウィーンへ移った後は、宮廷オルガニストの職を引き継ぎました。

1790年代には作曲の教師として活躍。《魔弾の射手》で有名なカール・マリア・フォン・ヴェーバー(1786〜1826)は、1797年からミヒャエルに和声学の基礎と対位法を学んでいます。1806年、兄ヨーゼフよりも先に68歳でザルツブルクで亡くなりました。

兄ヨーゼフには及びませんが、ミヒャエルも多作な作曲家で、特に宗教曲は(途方に暮れるくらい)たくさんありました。でも、ミヒャエル・ハイドンと言えば、モーツァルトの交響曲第37番を思い出す方が多いと思います。モーツァルトの交響曲第37番が欠番なのは、37番と信じられていた曲が実はミヒャエルの作品だったからですよね(続く)。

  1. Blazin, Dwight, ‘Haydn, Michael,’ The Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 11, Macmillan, 2001, pp. 271-280.

お芝居&映画『アマデウス』以来、アントニオ・サリエリには「モーツァルトの敵役」というイメージが定着してしまいました。「才能を妬んだサリエリが、モーツァルトを毒殺した」という『アマデウス』の結末がフィクションであることは、皆さんご存知だと思いますが、漠然と「モーツァルトの邪魔をした、いやな奴」と思っていませんか? それって本当? サリエリって、どんな人だったんでしょう?

モーツァルトよりも6年早い1750年に、イタリアのレニャーノに生まれました。ヴァイオリニスト、タルティーニの弟子であった兄やレニャーノ大聖堂のオルガニストに、ヴァイオリンや鍵盤楽器を習います。1763年か64年に両親が亡くなり、パドヴァからヴェネツィアへ。1766年に当地を訪れていたフローリアン・ガスマン(1729〜74)に見出され、教育を受けるために一緒にウィーンへ。

ガスマンは63年以来、ウィーンの宮廷作曲家を務めていました。彼は有名な対位法の教科書『グラドゥス・アド・パルナッスム』を使って、サリエリに作曲を指導。20歳で最初のオペラを作曲し、あっという間に人気オペラ作曲家に。74年にガスマンが亡くなると、なんと若干23歳のサリエリが、師の後を継いでウィーン宮廷作曲家に。88年には宮廷楽長になり、亡くなる前年の1824年までその職にとどまりました。

1781年にモーツァルトがウィーンに移り住んだとき、彼は父レオポルトに、ヨーゼフ2世はサリエリしか関心がないと書いています1。一方サリエリも、神童と言われたモーツァルトがフリーランスとしてウィーンで活動を始めたのですから、意識したに違いありません。彼は大きな影響力を持っていましたから、モーツァルトを助けようと思えば助けられたはず。助けなかったのは敵同士だったから……というわけでもないことが、以下の手紙からわかります。モーツァルトが《魔笛》の公演にサリエリを招待したとき:

[昨日、13日の木曜日]6時にサリエリとカヴァリエーリ夫人を馬車で迎えに行き、ぼくのボックスに案内した。……これほど美しくて楽しい出し物は観たことがないから、何度も観に来たい、などと言っていた。サリエリは細心の注意を払って聴いたり観たりしていたが、序曲から最後の合唱まで、彼が「ブラヴォー!」とか「お見事!」とか言わなかった曲はひとつもなかった。彼らは、ぼくの好意に対していくら礼を言っても言いたりないという様子だった2

サリエリは、後進の指導にもとても熱心でした。作曲(イタリア語の詩に曲を付けるレッスン)の弟子には、ベートーヴェン、フンメル、チェルニー、マイアベーア、モシュレス、シューベルト、リストらが含まれます。サリエリは、一文無しの孤児であったときにガスマンから受けた恩を忘れず、裕福な生徒以外はレッスン料を受け取らなかったそうです。 サリエリって、良い人だったんですね!!!   だからこそコンスタンツェも、夫の死後、息子フランツ・クサーヴァーの指導をサリエリに託したのでしょう。

  1. 1781年12月15日付け、レオポルトへの手紙。
  2. 1791年10月14日付け、バーデンで療養中のコンスタンツェに宛てたの手紙。マーシャル『モーツァルトは語る』高橋&内田訳、春秋社、1994、p.377。