オーケストラの楽器のほとんどは男性名詞で、女性名詞はヴィオラとトランペットくらい([4] 男の楽器、女の楽器参照)。でも、弦楽器管楽器両方におけるこの逆ハーレム状態(ちょっと大げさ?!)は、イタリア語だけ。たとえば、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスは

フランス語では violon 女性、alto 男性、violoncelle 男性、contrebasse 女性

ドイツ語では Violine / Geige 両方女性、Bratsche 女性、Violoncello 中性、Kontrabass 男性

とバラバラ。violino 男性、viola 女性、violoncello 男性、contrabasso 男性のイタリア語を含む3言語で、同じ性を持つものはありません。そう言えば、ドイツ語には中性名詞もあるのでした。中性の楽器って、チェロ以外に何があるんでしょう??

ドイツ語の楽器名は、女性名詞が多いと習いましたよね。確かに、Flöte、Oboe、Klarinette、Trompete、Posaune(トロンボーン)、Pauke(ティンパニ単数)、Becke(シンバル単数)、Trommel(太鼓)、Harfe(ハープ)、Orgel(オルガン)など、女性名詞が続々。

一方、中性名詞はチェロ以外に Fagott、Horn、Klavier(ピアノ)、Saxophon など。男性名詞はコントラバス以外には、Piccolo くらいしか見当たりませんでした。男性名詞が多いイタリア語と対照的です。

言語によって名詞の性が変わることで思い出したのは、音楽之友社『教育音楽・中高版』に連載中の「巨匠たちの舞台裏」のために調べた、チェロの名手ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(1827〜2007)のインタビュー。なぜチェロを専門に選んだかという質問に対して:

「チェロは女性名詞でしょ、だから、女性を好きになるように、好きになったんですよ」

と答えています1。ロシア語ではチェロ виолончель は女性名詞なのですね(ちなみに、ヴァイオリン скрипка は女性、ヴィオラ aльт は男性、コントラバス контрабас は男性でした)。彼は続けます。

「ただね、何年もたってからわかったんですけど、フランス語じゃ、チェロは、男性名詞なんですって。ほんとに、ぞっとしましたよ! もし、音楽に興味を持ち始めた頃にそのことを知っていたら、僕がどんな楽器を選んだかは、わかりません」

チェロはイタリア語でも男性名詞。同じ綴りなのにドイツ語では中性名詞ですよ、ロストロポーヴィチさん。それにしても、名詞の性って、いつ誰が決めたんでしょうね。今回は音楽から話が逸れてしまいました。

  1. アレクサンドル・イヴァシキン『ロストロポーヴィチ』秋元里子訳、春秋社、2007、23ページ。