変なタイトルですが、男が演奏する楽器、女が演奏する楽器ということではありません。楽器自体が男か女かということです。

実はこのコラムのアイディアも、前回の演奏会の練習時に遡ります。ヴィオラの楽譜に書いてあった「SOLA」。solo でも soli でもない sola。何か別の意味があるのかと思ったのに、solo と同じ扱いのようです。なぜ solo じゃないの??!  なぜヴィオラだけ sola なの?!?

疑問はわりとあっさり解消しました。実は前回弾いたレスピーギ、《ローマの松》も《リュートのための古風な舞曲とアリア第1組曲》も、イタリアのリコルディ社の楽譜を使っていました1。だから、形容詞が語尾変化していたのです。イタリア以外の楽譜なら、ヴィオラも楽語である solo と書かれていたはず。

イタリア語の名詞には男性名詞と女声名詞がありますが、フランス語やドイツ語よりも語形変化がシンプル。一般に単数形の男性名詞は -o で終わり(concerto、tempo など)、女性名詞は -a で終わります(opera、sonata など)2。形容詞も名詞の性に合わせて語尾変化します。violino、violoncello、contrabasso はいずれも男性名詞なので、「唯一の」という形容詞は solo。でも、viola は女性名詞なので、sola になるのですね。violino も violoncello も viola から派生した用語なのに( (37) ヴィオラはえらい?参照)、性が変わってしまいました。

スコアを見ると、イタリア語の楽器名はほとんど男性名詞。flauto、clarinetto、fagotto、corno(ホルン)、organo、sassofono(サクソフォーン)など。男性名詞は複数になると、timpani、piatti(シンバル)のように、語尾 -o が -i に変わります( (140) 本当は「ブラボー!」じゃない!参照)。

女性名詞の楽器は、viola 以外には tromba(トランペット)、grancassa(大太鼓)、arpa(ハープ)くらいでした。女性名詞は複数になると、語尾 -a が -e に変わります。

実はイタリア語の単数名詞には -e で終わるものもあり、このような名詞の性は辞書を調べないとわかりません。oboe、trombone、pianoforte はいずれも男性名詞でした(複数の場合、男性女性どちらでも語尾は -i に変わります)。

図1:Cornetto

驚いたのはコルネット。角笛 corno  + 縮小の接尾語 -etto →「小さな角笛」で男性名詞と思ったのですが、スコアに cornette と書いてあったのです。ということは女性名詞の cornetta。日本語でコルネットと呼ばれる楽器は2種類ありますが、イタリア語では、ルネサンス時代に使われた円錐形の木製楽器(図1参照。モンテヴェルディの《オルフェオ》でも使われています。(143) オーケストラの起源参照)を cornetto、いわゆるコルネットを cornetta と区別しているのでした3

というわけで、イタリア語ではオーケストラは男の楽器だらけですが……([9] 男の楽器、女の楽器、再び に続く)。

  1. 後者はカルマス社の再版でした。
  2. 前回の 器楽の出発点:レスピーギの《パッソメッゾ》で既に触れました。
  3. 英語では前者を cornett、後者を cornet と綴ります。ドイツ語の Zink ツィンクという語を使うこともあります。