長岡 英(ながおか めぐみ)

東京藝術大学音楽学部楽理科、同大学院修士課程、ブランダイス大学大学院博士課程で音楽学を学ぶ。2004年哲学博士号(音楽学)取得。現在、電気通信大学、武蔵野音楽大学、上野学園大学、立教大学で西洋音楽史関連の講座を担当。

2009年5月、アマチュア・オーケストラ聖光学院管弦楽団(聖フィル)に入団。翌2010年11月からホームページに聖フィル♥コラムを連載。それをもとに、2014年アルテスパブリッシングより『オケ奏者なら知っておきたいクラシックの常識』(いりぐちアルテス005)出版。 ご購入は こちらから  

2017年4月より『教育音楽(中高版)』(音楽之友社)にコラム「巨匠たちの舞台裏」を好評連載中。

「演奏する人は演奏だけ、研究する人は研究だけという日本の風潮は良くない!」というのが持論。定期演奏会に向けて練習する音楽に関する様々な情報を、なるべく多くの方と共有したいと願っています。