遅ればせながら、明けましておめでとうございます。2019年がみなさまにとって良い年となりますように。今年もオケ部屋をよろしくお願いいたします。

[12] 実は結構良い人だったサリエリに続くモーツァルトをめぐる人々シリーズ第2弾は、ミヒャエル・ハイドン(1737〜1806)。古典派3巨頭のひとり、ヨーゼフ・ハイドン(1732〜1809)の5歳下の弟。ザルツブルク宮廷音楽家で、ヴォルフガンク・アマデウス・モーツァルト(1756〜1791)やその父レオポルト(1719〜1787)の同僚でした。様々なジャンルで多くの作品を残し、特に宗教音楽は高く評価されます。

ヨーゼフと同様ミヒャエルも、現在のオーストリアとハンガリーの国境に近い、ローラウに生まれました1。父は車大工。馬車や荷車の車輪を作ったり修理したりする職人です。職業が世襲の時代に、楽譜が読めない両親から音楽史に名を残す作曲家が2人も生まれるなんて、すごいことです。

8歳のとき、兄に次いでウィーンの聖シュテファン大聖堂の聖歌隊学校に入学。12歳までには、大聖堂で代理オルガニストも務めるように。1753年ころ声変わりして聖歌隊学校をやめ、その後はイエズス会の神学校に所属していたようです。

彼の死者小伝(1808)によると、1757年ころウィーンを離れ、現ルーマニアのグロースヴァルダイン司教の楽長に。作品の筆写譜がオーストリア東部地域にたくさん残されており、1750&60年代にはかなり名前が知られていたのでしょう。ザルツブルク大司教シュラッテンバッハの目に留まり、1762年に大司教宮廷楽団のコンサートマスターに任命されます。オルガンを弾くことも、職務に含まれていました。

シュラッテンバッハ大司教の死に際して、レクイエムを作曲。1777年には、聖三位一体教会のオルガニストになります(息子ヴォルフガンクがその職に就けなかったことに腹を立て、レオポルトはそれまで賞賛していたミヒャエルを、大酒飲みで怠惰でありがちだと描写しました)。ヴォルフガンクが1781年にウィーンへ移った後は、宮廷オルガニストの職を引き継ぎました。

1790年代には作曲の教師として活躍。《魔弾の射手》で有名なカール・マリア・フォン・ヴェーバー(1786〜1826)は、1797年からミヒャエルに和声学の基礎と対位法を学んでいます。1806年、兄ヨーゼフよりも先に68歳でザルツブルクで亡くなりました。

兄ヨーゼフには及びませんが、ミヒャエルも多作な作曲家で、特に宗教曲は(途方に暮れるくらい)たくさんありました。でも、ミヒャエル・ハイドンと言えば、モーツァルトの交響曲第37番を思い出す方が多いと思います。モーツァルトの交響曲第37番が欠番なのは、37番と信じられていた曲が実はミヒャエルの作品だったからですよね(続く)。

  1. Blazin, Dwight, ‘Haydn, Michael,’ The Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 11, Macmillan, 2001, pp. 271-280.

オーケストラ・コンサートのアンコール・ピースとしておなじみのブラームスのハンガリー舞曲。実は元々、オーケストラ作品ではなかったことをご存知でしょうか。21曲から成るこの舞曲集のオリジナルは、ピアノ曲。それも、ピアノ連弾曲です。

1869年に、まず10曲をジムロック社から出版。大人気になり、ブラームスを経済的に安定させました。長いものでも4分半、短いものは1分半足らず。簡単過ぎず難し過ぎず。家庭にピアノが普及した時期で、手頃な楽譜の需要が高まっていました。しかも連弾。家族でアンサンブルを楽しめます。エキゾティックなスパイスが効いていて、これは売れないはずありません。

ブラームスは、伝統的なハンガリーの民謡を連弾に編曲したつもりでした(自分のオリジナルではないので、作品番号を付けていません。WoO 1は 作品番号の無い作品 Werke ohne Opuszahl 第1番のこと (239) opus, WoO, Hess:ベートーヴェンの作品番号参照)。でも実はハンガリーではなく、ロマ(「ジプシー」は差別用語ということで、最近はこの語を使います)の民俗音楽でしたが。

さらに、民俗音楽では無いものも。最もよく知られた第5番は、ハンガリーの作曲家ベラ・ケーレル(Béla Kéler、1820〜82)のチャールダーシュ《Bártfai emlék(バルデヨフの思い出)》に基づいています 1。第1番も、同じくハンガリーの作曲家ミスカ・ボルソー(Miska Borzó、1800?〜64?)が1850年ころに作った《Divine Csárdás(神聖なチャールダーシュ)》によります 2

72年にはピアノ独奏用にアレンジ。翌73 年には演奏会で指揮するために、3曲(第1番ト短調、第3番ヘ長調,10番ホ長調)をオーケストレーションしました。1880年にはさらに11曲のピアノ連弾曲を出版。ブラームス本人がオーケストレーションしなかった18曲は、他の人によってオケ用に編曲されています。

  1. Walker, Alan. Franz Liszt: The Virtuoso Years, 1811–1847. Cornell University Press. 1987, p. 341.
  2. Katia  & Marielle Labèque による静止動画 https://www.youtube.com/watch?v=GPY91D-0LDk 参照。

早いもので、既に12月も半ば。アドヴェント(待降節)真っ只中です((56) アドヴェントと音楽参照)。聖フィル・コラムで書いていた「クリスマスに聴きたい音楽」シリーズ、ここオケ部屋でも続けたいと思います。part 10 として今回取り上げるのは、ローリゼンのモテット《おお、大いなる神秘よO Magnum Mysterium》です。

モテットとは、ラテン語を歌詞とする多声宗教曲。オケ部屋なのになんだ歌の曲か、と言わないでくださいね。器楽奏者や器楽愛好家のなかには声楽がちょっと(?!?)苦手な方もいますが、クラシック音楽のルーツはカトリックのお経であるグレゴリオ聖歌。楽器奏者にとっても歌は、常に立ち返らなければならない音楽の原点です。カンタービレ(歌うように)って、全ての楽器演奏の理想ですよね。

《おお、大いなる神秘よ》は、ルネサンス時代のスペインの作曲家ビクトリアのモテットを既にご紹介しました((60) part 4参照)。今回もビクトリアと同じ、クリスマスの朝課(一日8回祈る聖務日課のなかの最初のお祈り)に歌われる、レスポンソリウム(グレゴリオ聖歌の種類)の歌詞に作曲されています。無伴奏のア・カペッラ様式、混声4部もビクトリアと共通。ただ、響きはかなり異なります。

それもそのはず。モートン・ローリゼン Morten Lauridsen は1943年アメリカ生まれ。1548年生まれのビクトリアと、400歳も違うのです。

南カリフォルニア大学で作曲を学び、博士号取得後の1967年から同校で教えています。2006年、National Endowment for the Arts (アメリカの国立芸術基金)が「American Choral Master(アメリカの合唱の巨匠)」に指名。また、2007年には「音楽の美しさと力強さと精神的な深さを結びつけ、世界中の聴衆を感動させる輝くような合唱作品の作曲により」ジョージ・W. ブッシュ大統領(当時)からホワイト・ハウスで National Medal of Arts(アメリカ国民芸術勲章)を授与されました。

《おお、大いなる神秘よ》は、1994年の作品。4声が基本ですが、ときどき声部内で2つあるいは3つに分かれることもあります。ときどき聴かれる不協和な響きが、とても魅力的。「ぶつかり」のさじ加減が、絶妙なのです。無調ではなく調性に基づいた音楽ですが、9の和音(たとえばソ、シ、レ、ファの7の和音に、もうひとつ3度を加えたソ、シ、レ、ファ、ラ)のような不協和な響きを使い、それが慎重に協和音に解決される「緊張と弛緩」が音楽の流れを作ります。

キングス・カレッジの聖歌隊がゴシック建築のチャペルで歌う動画(https://www.youtube.com/watch?v=Q7ch7uottHU)で、中世と現代の融合をお楽しみください。

おお大いなる神秘よ
そして驚くべき秘跡よ
動物たちが見たとは、生まれたばかりの主が
まぐさ桶の中に横たわっているのを。
おお祝福された乙女よ、その胎は値したのだ
主イエスキリストをみごもることに、
ハレルヤ(細川哲士訳)

アマ・オケでもコンサート前に行うゲネプロ。ドイツ語のゲネラルプローベの短縮形です。通し稽古と訳されることが多いですが、オーケストラによって使い方がまちまち。ゲネラルプローベって、本来はいつ何をするものなのでしょう?

日本語版ウィキペディアは(西洋音楽史以外の項目も)信用できるかどうか心許ない([2] ウィキペディア・ジョーク?!? レスピーギの《パッソ・メッゾ》参照)。いつものように英語版ウィキペディアを……と思ったら、英語版にはゲネプロもゲネラルプローベもありませんでした。英語圏では、この用語は使わないんですね(当たり前か)。

というわけで、本家本元ドイツ語版ウィキペディアによると。ゲネラルプローベ Generalprobe(短縮形はゲネプロではなく GP ゲーペー)の定義は「演劇やオペラ、オペレッタ、あるいはコンサートの初日の前に行われる、最後のリハーサル」。最後から2番目や3番目のリハーサルは、ハウプトプローベ Hauptprobe。最後の1回だけがゲネプロです。

オペラのゲネラルプローベは通常、初日の2日前。通常のリハーサルとは異なり、衣装やかつらを付けメーキャップも施し、舞台装置やライティングも本番どおり(そのため、英語圏ではドレス・リハーサルと呼ばれます)。しばしば公開で行われます。

コンサートのゲネラルプロ―べは舞台芸術の場合ほど重要ではなく、何回か行われるリハーサルのうちの最後を指すだけ。各曲を少なくとも1度は通して演奏するのが普通です。海外からのソリストや国際的スター指揮者を含め、出演者が勢揃い。本番会場でのリハーサルなので、ホールの響きを確認したり、ステージ上のレイアウトやスペースを把握する機会としても重要です。

日本のアマ・オケではほとんどの場合、本番会場での練習は当日のみ。ですから、演奏会当日の本番前のリハーサルが、本来の意味のゲネプロですね。聖フィルは恵まれていて、本番のホールで前日を含め複数回練習できることが多いのですが、本番当日も各曲を通してリハーサルしますから、やはりこれがゲネプロ(プロ・オケの当日リハーサルは、要所を確認するだけです)。

ところで、ドイツ語版ウィキペディアでおもしろいなと思ったのは、オペラや演劇のカンパニーには、「失敗したゲネラルプローベは、良い公演の原因となる Eine  misslungene Generalprobe eine gute Aufführung bedingt.」という迷信の格言があるという記述。「だから、ゲネラルプロ―べの最後で喝采すると、演劇人に眉をひそめられる。なぜならそれは初日に不幸をもたらすから」。

初耳だったので、検索してみました。確かにこの格言はドイツのスポーツ記事などにそのまま使われていましたし、ゲネプロの最後に拍手をすると、初日に不幸をもたらすのでいやがられるという記載を他でも見つけました。コンサートではなく演劇やオペラのゲネラルプローベですが、日本では聞いたことありませんね。やはり本家ドイツ語圏のゲネプロは、日本とは少し異なるようです。

お芝居&映画『アマデウス』以来、アントニオ・サリエリには「モーツァルトの敵役」というイメージが定着してしまいました。「才能を妬んだサリエリが、モーツァルトを毒殺した」という『アマデウス』の結末がフィクションであることは、皆さんご存知だと思いますが、漠然と「モーツァルトの邪魔をした、いやな奴」と思っていませんか? それって本当? サリエリって、どんな人だったんでしょう?

モーツァルトよりも6年早い1750年に、イタリアのレニャーノに生まれました。ヴァイオリニスト、タルティーニの弟子であった兄やレニャーノ大聖堂のオルガニストに、ヴァイオリンや鍵盤楽器を習います。1763年か64年に両親が亡くなり、パドヴァからヴェネツィアへ。1766年に当地を訪れていたフローリアン・ガスマン(1729〜74)に見出され、教育を受けるために一緒にウィーンへ。

ガスマンは63年以来、ウィーンの宮廷作曲家を務めていました。彼は有名な対位法の教科書『グラドゥス・アド・パルナッスム』を使って、サリエリに作曲を指導。20歳で最初のオペラを作曲し、あっという間に人気オペラ作曲家に。74年にガスマンが亡くなると、なんと若干23歳のサリエリが、師の後を継いでウィーン宮廷作曲家に。88年には宮廷楽長になり、亡くなる前年の1824年までその職にとどまりました。

1781年にモーツァルトがウィーンに移り住んだとき、彼は父レオポルトに、ヨーゼフ2世はサリエリしか関心がないと書いています1。一方サリエリも、神童と言われたモーツァルトがフリーランスとしてウィーンで活動を始めたのですから、意識したに違いありません。彼は大きな影響力を持っていましたから、モーツァルトを助けようと思えば助けられたはず。助けなかったのは敵同士だったから……というわけでもないことが、以下の手紙からわかります。モーツァルトが《魔笛》の公演にサリエリを招待したとき:

[昨日、13日の木曜日]6時にサリエリとカヴァリエーリ夫人を馬車で迎えに行き、ぼくのボックスに案内した。……これほど美しくて楽しい出し物は観たことがないから、何度も観に来たい、などと言っていた。サリエリは細心の注意を払って聴いたり観たりしていたが、序曲から最後の合唱まで、彼が「ブラヴォー!」とか「お見事!」とか言わなかった曲はひとつもなかった。彼らは、ぼくの好意に対していくら礼を言っても言いたりないという様子だった2

サリエリは、後進の指導にもとても熱心でした。作曲(イタリア語の詩に曲を付けるレッスン)の弟子には、ベートーヴェン、フンメル、チェルニー、マイアベーア、モシュレス、シューベルト、リストらが含まれます。サリエリは、一文無しの孤児であったときにガスマンから受けた恩を忘れず、裕福な生徒以外はレッスン料を受け取らなかったそうです。 サリエリって、良い人だったんですね!!!   だからこそコンスタンツェも、夫の死後、息子フランツ・クサーヴァーの指導をサリエリに託したのでしょう。

  1. 1781年12月15日付け、レオポルトへの手紙。
  2. 1791年10月14日付け、バーデンで療養中のコンスタンツェに宛てたの手紙。マーシャル『モーツァルトは語る』高橋&内田訳、春秋社、1994、p.377。