4月の第20回定期演奏会のプログラムは、リヒャルト・シュトラウスのホルン協奏曲とグスタフ・マーラーの交響曲。ふたりとも聖フィルで初めて取り上げる作曲家で、両方とも難曲。意外な転調など、先を予想しにくいのです。調性があいまいになった「世紀末」に活躍した作曲家ならではです。

このふたり、同年代。マーラーは1860年、リヒャルト・シュトラウス(以下リヒャルト。シュトラウスと書くと、ウィンナ・ワルツのヨハン・シュトラウス父子をイメージすると思うので)は1864年生まれ。また、ふたりともドイツ語圏の生まれ(マーラーはオーストリア、リヒャルトはドイツ)です。

そして、ふたりとも指揮者、特にオペラの指揮者として活躍しました。指揮者にとって世界1のポジションとも言えるウィーン国立歌劇場の指揮者を、マーラーは1897年から1907年まで(この時代はまだウィーン宮廷歌劇場でしたが)、リヒャルトは1919年から24年まで務めています。

生年は近いのですが、没年はかなり違います。マーラーは敗血症のため、1911年に働き盛りの50歳で亡くなりました。一方、リヒャルトが心不全で死去したのは1949年。85歳でした。マーラーの死後リヒャルトが生きた35年間は、2つの世界大戦により、世界が大きく揺れ動いた時期です。

マーラーは、両親ともにユダヤ人でした。1897年にローマ・カトリックに改宗しますが、ユダヤの出自は彼の人生に(死後も)大きな影響を与えます。一方のリヒャルトは、一人息子フランツの結婚相手アリスがユダヤ人(これも、リヒャルトの人生に影響を与えます)ですが、本人はドイツ人です。

作曲家としての活動内容も異なります。マーラーは主に交響曲とオーケストラ伴奏付き歌曲を作曲。オペラをいくつか手がけたものの、いずれも完成しませんでした。一方のリヒャルトは、1900年までは主に交響詩、それ以降はオペラを多数作曲。アルプス交響曲などの交響曲や、2つのホルン協奏曲のようなコンチェルトなどもあります。

リヒャルトは、18歳で作曲した《13管楽器のためのセレナード作品7》がハンス・フォン・ビューローに高く評価されました。その後も(交響詩《マクベス》のような例外もありますが)、ほぼ順調。一方マーラーは、交響曲8番の初演(1910年)がようやく大成功しましたが、それまでの7つの交響曲は(様々な版で初演されたものの)成功とは言えませんでした(期待はずれ、あるいは「聴衆を当惑させた」など)。

互いに知り合いで、行き来もあったマーラーとリヒャルト・シュトラウス。前者はその出自と早すぎた死も影響し、音楽が理解され演奏されるようになるまでに長い時間を要します。後者はナチスとの関係や遅すぎた(!?!)死などにより、晩年の作品は時代遅れとみなされました。

19世紀末の爛熟した文化の面影を残すふたりの巨匠の、交響曲第1番(第3稿1896年)と、懐古的なホルン協奏曲第2番(1842年)。今回の聖フィルのプログラム、音楽史的に深〜いプログラムになっています。

Comments closed