先日「クラシック音楽に隠された『進化の法則』」という記事を読みました1。1500年から1900年の間に活動した76人の作曲家が作った9996曲の音楽の、「曲を構成する音の高低と間隔の順序立った一連の並び」を調査したところ、その使用頻度が増加してきた様子が「伝播の原則となる『ベータ分析』と呼ばれる統計学的法則に完全に従うことを発見した」のだそうです。

「音楽文化におけるいくつかの動向は、個々の作曲家の状況によって起こるというよりは、むしろ、統計的な進化則として定式化できると結論づけられます」。研究者は、この調査における「追跡が可能な、継承の基本単位」として三全音を選び、この音程を持つ2つの音が同時に鳴る頻度を調べています。

結論はさておき(と言うか、おもしろいと思うもののよくわからない)、三全音とは良いところに目をつけたと思いました。三全音はその名のとおり、3つの全音から成る音程。たとえばファとシの音程です。半音なら6つ分なので、平均律で調律された場合、1オクターヴのちょうど半分。増4度あるいは減5度と呼ばれます。響きが悪い不協和な音程です。

三全音(tritonus)は、9世紀頃に書かれたと考えられる著者不明の音楽理論書「ムジカ・エンキリアディス Musica enchiriadis」で言及されましたが、はっきりと禁じられたのは11世紀の僧グイード・ダレッツォ(991-2頃〜1033後、(78) ドレミの元参照)の音楽理論が広まるにつれて。三全音を避けるために、シではなく♭シが使われるようになります(ファと♭シの音程は、完全4度)。

これ以来ルネサンス時代の終わりまで、三全音は「音楽の悪魔 diabolus in musica」と呼ばれ(素晴らしいニックネーム!!)、不安定で不協和な音程とされました。13世紀には、短2度(たとえばシとドなど、半音の音程)と長7度とともに、完全不協和音 discordantia perfecta のカテゴリーに入れられています。

バロック時代以降、三全音は特定の規則に従って不協和が正しく「解決」される形で使われるようになります。和音として縦に用いるだけではなく、旋律として横に並べることも避けられてきました(ファとシを続けて歌ってみると、音程がとりにくく歌いづらいことがわかります)が、バッハやモーツァルト、ベートーヴェンの旋律のなかにも、稀に三全音の跳躍がみられます。

19世紀になると三全音は、不吉、あるいは邪悪なものをほのめかす響きとして、自由に使われるようになりました。たとえばリストはソナタ風幻想曲《ダンテを読んで》を、ラ・♭ミの三全音で始め、『神曲』の地獄を暗示しています。さらに有名な使用例は、ヴァーグナーの《トリスタンとイゾルデ》第1幕への前奏曲。三全音が含まれるファ・シ・#レ・#ソの「トリスタン和音」は、半音階的和音の可能性を拡げ、調性崩壊への第1歩と見なされます。

このように、西洋音楽史において長い間禁止され、その後は抑制的に用いられてきた三全音。自由に用いられるようになったのは、19世紀ロマン派の時代。たしかに三全音なら、その使用頻度の増加が統計学の法則に合致するかも。

ただ、三全音以外に「追跡が可能な、継承の基本単位」になり得るものは、他にどんなものでしょうか?? そもそも音楽は「進化」して来たのか?? 法則に従って?? うーん……。おもしろいとは思うものの、やはりよくわかりません。

  1. https://newspicks.com/news/3371305 neichi62さん、情報ありがとうございました。

Comments closed