古典派で確立された交響曲の形式を、そのまま使うのはダサい!!! これが、ベートーヴェン以降の作曲家の共通認識。シューマンも交響曲第3番《ライン》で、5楽章構成にしたり、挿入された余計な楽章である第4楽章のモティーフを終楽章で利用する、循環形式を取り入れたりしています((154) ラインと循環形式参照)。そして、第4番では楽章間の切れ目を全て無くして全楽章をひとつながりに([7] 音楽が途切れない交響曲参照)。ベートーヴェンも試みなかった、単一楽章交響曲。

第4番にも循環形式を取り入れました。第1楽章の序奏部の主題(f-e-d-cis-d-e)が、第2楽章でそのまま戻ってきます。それだけではありません。この主題に装飾を加えて、3連符が細かく上下する旋律に変形。第2楽章後半でヴァイオリンにソロさせています。さらに、その装飾変形を第3楽章のトリオで再登場させました。おしゃれな循環の仕方です1。でも、第4楽章にはこの序奏主題とその変形は登場しません。

シューマンの工夫は、第1楽章のソナタ形式にも見られます。ソナタ形式も古典派が完成させたもの。そのまま使うのはダサいのです。第2主題は規則通り長調に転調して提示されます((88) ソナタ形式の変遷参照)が、第1主題と全く同じ。単一主題ソナタ形式です((189) 第1主題=第2主題 !? のソナタ形式参照)。

この第1主題の1小節目(d-f-d-f-e-d-cis-d)を中心に使いながら、展開部が進みます。突然、第2主題にうってつけの旋律がドルチェで登場(いまさら何?)。そのまま展開が続き、どんどん盛り上がって……あれれ、第1楽章が終わってしまいました。再現部が省略されています。提示部も展開部も第1主題だらけ。もう繰り返す必要は無いからでしょうね。再現部を欠くソナタ形式なら、新鮮。ダサくありません。

その第1主題第1小節(d-f-d-f-e-d-cis-d)が、第4楽章序奏部に再登場。そして、第4楽章の第1主題にも使われます。第3楽章まで循環した序奏主題が第4楽章に登場しないのは、こちらの循環だけで十分だからでしょう。第4楽章では型どおりに第2主題が提示され、再現部では第1主題の再現が省略されます。もう繰り返す必要は無いからでしょうね(という文が繰り返しですが)。

第1楽章の第1主題=第4楽章の第1主題。同じなのは1小節分ですが、最初の小節は主題の顔。最も大切です。これで、シューマンが途切れない交響曲にした理由がわかりましたね。単一楽章のこの交響曲において、第4楽章は第1楽章に欠けていた再現部の役割も果たしているのです。シューマンすごい!!! 独創的!!! でもやはり、(再現部の省略で交響曲としては長くないものの)楽章間の休みは入れて欲しかったなぁ。

  1. d-e-f-g-f-e のスケルツォ主題は、序奏部の主題 f-e-d-cis-d-e の反行型とも考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です