前回、《パッソ・メッゾ》は酔った歩みではない!! と書きながら((2) ウィキペディア・ジョーク?!?  レスピーギの《パッソ・メッゾ》参照)、レスピーギの《リュートのための古風な舞曲とアリア》が器楽史の教科書の最初の部分どおりであることに気づきました。第1組曲は以下の4曲から成ります。

  1. 《オルランド伯爵のバッレット》
  2. ガリアルダ
  3. ヴィラネッラ
  4. パッソ・メッゾとマスケラーダ

第1曲の元曲は、ジェノヴァの作曲家&リュート奏者シモーネ・モリナーロ(1565〜1615)が、1599年にヴェネツィアで出版した『リュートのためのインタヴォラトゥーラ第1巻』に収めた《オルランド伯爵のバッレット》。インタヴォラトゥーラとは、声楽曲を器楽曲用に編曲することです。バッレットは小さな舞曲ですね(アレグロ→アレグレットのように、バッロ→バッレットで小舞曲の意)。

第2曲の元曲は、地動説を唱えたガリレオ・ガリレイの父で、フィレンツェの「カメラータ」((28) バロック時代はなぜ1750年までか?参照)のメンバーであったヴィンツェンツォ・ガリレイ(c.1520〜91)が1550年代に作った舞曲ガリアルダ。第3曲は作者不詳の16世紀末のヴィラネッラ。ヴィラネッラは、16世紀半ばころにナポリで始まった、素朴で軽い性格のイタリアの世俗歌曲です。

第4曲はやはり作者不詳の16世紀末の2種類の舞曲。後半のマスケラーダは、16世紀フィレンツェで流行した、マスケラ(仮面)や衣装をつけて(しばしばパントマイムを伴って)踊る、パレードやカーニバルのダンスでした。つまりレスピーギのタイトルは、16世紀という古い時代の、リュートで演奏する歌曲(第3曲)と舞曲(第1、2、4曲)ということですね。

楽器は古くから使われて来ましたが、音楽=声楽の時代が長く続きます。器楽が発展し楽譜資料が残るようになるのは、楽譜出版が始まった16世紀((183) ペトルッチありがとう!参照)。声楽の出版楽譜に「これは声にも楽器にも適する」と書かれたものがあるように、声楽曲が楽器で演奏されたのです。また、上記のインタヴォラトゥーラのように、楽器の特性に合わせて編曲されることも。撥弦楽器のリュートは声のように音を持続できませんから、細かい装飾音やアルペジオが多用されました。

声楽曲と直接関係が無い器楽形式として大切なのは、舞曲。ルネサンス時代は様々な舞曲が作られ、出版されました。私が音楽史の教科書として使っているものの1冊には、「パヴァーヌとガリアルド、パッサメッゾとサルタレッロのようにテンポの遅い舞曲と速い舞曲、2拍子型のものと3拍子型のものを組にした形も数多い」と書かれています1

レスピーギの第1組曲第2曲ガリアルダは、速い3拍子で跳ね足ステップが含まれる舞曲。1つ目の動画を参考にしてください2。一方、パッソ・メッゾは2拍子のゆっくりしたダンス。動画は、前回あげた2種類のうちのパッサメッゾ・アンティコで、グリーンスリーヴスと同じ和声進行をしています。リュートの演奏も見えます3。この時代、用語はまだ統一されておらず、女性名詞形のガリアルダやパッサと、男性名詞形のガリアルドやパッソが混在していました。

  1. 片桐功他『初めての音楽史決定版』音楽之友社、2018、50ページ。
  2. https://www.youtube.com/watch?v=A7AzGhMV1T8
  3. https://www.youtube.com/watch?v=ivvx_4NWpfo。上記のようにしばしばペアにされたサルタレッロは、3拍子系の急速なダンス。メンデルスゾーンが交響曲第4番の終楽章に使いました。(258) サルタレッロってどんな音楽?参照。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です